VIRGIN DUCATI | DUCATI 6モデル一気乗り・ムルティストラーダ1200Sツーリング トピックス

DUCATI 6モデル一気乗り・ムルティストラーダ1200Sツーリング

  • 掲載日/2012年10月12日【トピックス】
  • 文/友野 龍二  撮影/大谷 耕一、山下 剛  構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像

あらゆる状況に柔軟に対応する
マルチロールな点が最大の魅力

スポーツバイク・長距離ツアラー・街乗り・ロードエンデューロというカテゴリの中から購入するバイクを選ぶ際に、「1台ですべてを満たせたら……」と、叶わぬ願いに想いを馳せたライダーも多かっただろう。そんな夢物語を実現させるモデルがついに現れたのだ。手元のスイッチ操作で4種類の中から好みのモードを呼び出し、マッピング切換による出力特性の変更、トラクションコントロール (DTC) の介入度、電子制御サスペンション (DES) による前後サスペンションの減衰及びリアのスプリングプリロードを各モードごとに自動的に可変させる。

ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像

スポーツモードでは機敏に反応するパワフルさがあり、ピッチングモーションも少なくカチッと引き締まる。ツーリングモードでは従順であり、長距離を走っても疲れ難い。アーバンモードではフレンドリーなマイルドさがあり、ソフトで足つき性が向上する。エンデューロモードでは駆動力が伝わりやすいマイルドな特性のまま、リアはプリロードを高めてストロークを確保し、ソフトなフロントは路面追従性に優れる。

これらの設定変更は走行中でも可能であり、例えば高速道路走行中にスポーツモードで走っていると、追い越し時には少ないアクセル開度でも車体はグングンと前に押し出され、アスファルトのコンディションや微細な段差までも手に取るように分かる設定なのだが、アーバンモードへと切り替えた途端にラフなアクセル操作を行っても柔らかな反応を示し、アスファルトの上に薄い絨毯でも敷かれたかのようにソフトな乗り心地となる。これらすべての違いが明確に感じられ、とても楽しめる。

さまざまなシチュエーションに対応する4種類のキャラクターは、電子制御スロットル (ライド・バイ・ワイヤ) や ABS など数多くの電子デバイスによって綿密なコントロールがなされている。画期的なイノベーションの集大成となる変幻自在のムルティストラーダに触れたライダーは、必ずや大きな感動に包まれるだろう。

ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像

詳細写真

ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
軽量コンパクトな ABS ユニットとコンプレッション&リバウンドの設定を電子制御で可変させるオーリンズ共同開発の DES (ドゥカティ・エレクトロニック・サスペンション)。
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
中低速の豊かなトルクを生み出し、燃費性能にも優れるテスタストレッタ11° (イレブンディグリー) エンジンは3種類のプログラムによりキャラクターを変える。
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
リアサスペンションはコンプレッション&リバウンドのみならず、プリロードまでもが DES により可変制御され、乗車時の沈み込み量の違いから足つき性も大きく変わる。
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
軽合金10本スポークホイールとオフロードグリップも考慮してムルティ専用に開発されたピレリ製スコーピオントレイルタイヤ。
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
作動力低減アシスト機構とスリッパークラッチ機構が備わる湿式多板、油圧式クラッチは操作性に優れ、耐久性と静粛性を誇る。
ムルティストラーダ1200Sツーリングの画像
さまざまな情報を提供する白色 LED バックライト液晶ディスプレイはファッション性と視認性を両立。丸枠内には積載荷物・パッセンジャーの有無・走行モードなどが表示。
プロフィール
友野 龍二
空冷モンスターやスーパーバイクなどを操り、イベントレースで常勝を誇ったドゥカティ・マスター。各地のサーキットで獲得した様々なタイトルと塗り替えた数々のコースレコードを認められ、2009年に国際A級に特別昇格。MFJ公認インストラクターであり 『DUCATI BIKES』 誌メイン・インプレッション・ライダーでもある。