VIRGIN DUCATI | DUCATI 6モデル一気乗り・ストリートファイター848 トピックス

DUCATI 6モデル一気乗り・ストリートファイター848

  • 掲載日/2012年10月12日【トピックス】
  • 文/友野 龍二  撮影/大谷 耕一、山下 剛  構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
ストリートファイター848の画像

操れる、扱いきれる……
待ち望まれた一台がここに登場

水冷エンジン搭載のミドルクラスネイキッドという、ありそうでなかったモデルが満を持して登場したことにより、現行ドゥカティのラインナップがついに完成した。2009年に登場した 1,098cc エンジン搭載の兄弟車とは、その車名もスタイリングも共通しているが、エンジンだけ載せ替えたダウンサイジング版などと思うなかれ。ジオメトリーから見直され、専用フレームにスーパーバイク 848 ベースのエンジンが搭載されたブランニューマシンなのである。

ストリートファイター848の画像

後発モデルだけあって、とてもバランスの良い仕上がりを見せる。特筆すべきはそのコーナリング性能で、1.1 度減らされ 24.5 度とされたフロントのキャスター角が繰り出す操作性はニュートラルそのもの。走行ペースの変動に伴う手応えの変化が少ない仕様となり、乗り手に安心感を与えてくれる。リア周りでは、スーパーバイク 848 と比較して 35mm 長いスイングアームによって、サスペンションの動きが感じ取りやすくなっている。

さらに、55 扁平から60 扁平へとボリュームアップした 180 サイズの市販車初採用となるピレリ製ディアブロ・ロッソ・コルサは、タウンユースではエアボリュームの増大による余裕からコシのあるしなやかな乗り心地を提供し、スポーツ走行時には広い接地面がガッチリと路面を捉えて離さない。中低速重視の設定とされたギアレシオや ECU マッピングの特性との相乗効果で、コーナーからの脱出速度は驚くほど速い。ストリートファイターとしての要素を満たしながらも操作が軽く耐久性の高い湿式クラッチやバルブクリアランスを含むエンジンの主要メンテナンスサイクルが 24,000km に延長されるなど、実用性に関しても申し分ない。日本の道路事情という観点から鑑みると、ベストマッチであり、さまざまなシーンで楽しむことが可能だ。『操れる』『扱いきれる』、そんな気にさせてくれるモデルを待ち望むライダーにとっては待望の一台と言える。

ストリートファイター848の画像
ストリートファイター848の画像

詳細写真

ストリートファイター848の画像
24.5°へと見直されたキャスター角が生み出す軽快な運動性を支える倒立フロントフォークはマルゾッキ製の 43mm 径フルアジャスタブル。
ストリートファイター848の画像
848 テスタストレッタ11°(イレブンディグリー) エンジンは必要充分なパワーを備えた上で、扱いやすさ・燃費性能・耐久性にも優れる優秀なユニット。
ストリートファイター848の画像
今後はスタンダードになるであろうスリッパー機能内蔵の湿式クラッチを装備。繋がりが穏やかで操作も軽いため、初心者にも安心して扱える。
ストリートファイター848の画像
5.5 インチのリアホイールには市販車初採用となる 180 幅 60 扁平のピレリ製ディアブロ・ロッソ・コルサを履き、接地面積の増大と乗り心地向上に貢献する。
ストリートファイター848の画像
リアサスペンションはザックス製のフルアジャスタブルモデル。35mm 延長されたスイングアームとの相性が良く、しなやかに路面を追従する。
ストリートファイター848の画像
8段階に調整可能な DTC は兄貴分のSと同一の装備。タコメーターの液晶バーが右まで延びた時のエンジン回転フィールは 848 ならではの官能的なもの。
プロフィール
友野 龍二
空冷モンスターやスーパーバイクなどを操り、イベントレースで常勝を誇ったドゥカティ・マスター。各地のサーキットで獲得した様々なタイトルと塗り替えた数々のコースレコードを認められ、2009年に国際A級に特別昇格。MFJ公認インストラクターであり 『DUCATI BIKES』 誌メイン・インプレッション・ライダーでもある。