VIRGIN DUCATI | DUCATI 6モデル一気乗り・ディアベルカーボン トピックス

DUCATI 6モデル一気乗り・ディアベルカーボン

  • 掲載日/2012年10月12日【トピックス】
  • 文/友野 龍二  撮影/大谷 耕一、山下 剛  構成/VIRGIN DUCATI.com 編集部
ディアベルカーボンの画像

内に秘めたるスポーツ性能こそ最大の魅力
新たな時代の幕開けを告げるモデルの誕生

ディアベルを初めて目にしたとき、あまりの低さと長さ、そしてリア 240 サイズの極太タイヤを履く姿から受けた印象は、迫力こそあるものの、スポーツ性を微塵も感じられず、『なぜドゥカティがクルーザーを?』と、疑念を抱いたが、実際に走らせてみると良い意味で意外性の塊であった!

ディアベルカーボンの画像

足つき性の良い車体とアップライトなポジションにより、タウンユースやツーリングが快適なのは言うまでもなく、さらにライド・バイ・ワイヤによる電子制御スロットルはアーバン (100馬力)・ツーリング (112馬力)・スポーツ (112馬力)の3つの走行モードを有し、ムルティストラーダと同じくエンジンフィーリングを変更させることが可能である。そして、トラクションコントロール (DTC)・ABS・スリッパークラッチ・ブレンボ製モノブロックキャリパーなど、走りの質を高める装備にも抜かりはなく、スポーツ走行も意外なほどサラリとこなす。

ネイキッドの場合、高速道路走行時に胸元からの巻き上げ風によって顎が持ち上げられる不快な力が働くことが多い。だが、ディアベルはヘッドライトカバーの巧みな整流効果によって巻き上げ風を抑制し、快適性を損なわないようにデザイン性と実用性を両立させている。急加速時においては日本仕様と言えども、軽々とフロントを持ち上げようとするスーパーバイク譲りの 1200cc テスタストレッタエンジンは瞬間的にライダーを後方へと置き去ろうとするが、その際も座面後部が極端に切れ上がったシートが下半身のストッパーとなってくれる。そのため姿勢を乱されずに済む点など、スポーツライディングも躊躇なく行えるための工夫が随所に織り込まれている。

新たな時代の幕開けを告げるべく誕生したディアベルが、瞬く間に世界中でベストセラーモデルとなったのもうなずける。所有欲を満たす存在感と、内に秘めるスポーツ性。そんな意外性を好み、常に心に余裕を持った大人の走りを愉しむには最適なパートナーである。

ディアベルカーボンの画像
ディアベルカーボンの画像

詳細写真

ディアベルカーボンの画像
部分的にアルミの地肌を残すという手間の掛かる仕上げが施されるホイールとインナーローター。ブレーキは SBK マシン同様のモノブロックキャリパーが奢られる。
ディアベルカーボンの画像
左右に振り分けられたラジエーターは両肩に盛り上がる筋肉のようで、アスリートを彷彿とさせるディアベルのスタイルを特徴付けるポイントでもある。
ディアベルカーボンの画像
ムルティストラーダに搭載され高い評価を得ている 1,198cc エンジンに装着されるクラッチカバーにはエッジングが施されるなど細部のデザインにまでこだわりを見せる。
ディアベルカーボンの画像
58mm もあるエキゾーストパイプを繋ぐサイレンサーもまた 2-1-2 システムの極太品。日本仕様は 10cm 延長されているため、さらに迫力が増している。
ディアベルカーボンの画像
240/45ZR17 というファットなリアタイヤはディアベル専用にピレリと共同開発されたディアブロ・ロッソ II 。運動性の高さに大きく寄与している。
ディアベルカーボンの画像
2ヶ所に振り分けられたメーター。ハンドル上部は一般的な LCD 液晶だが、タンク上部には先鋭的なTFTカラー液晶が備わり様々な情報を表示する。
プロフィール
友野 龍二
空冷モンスターやスーパーバイクなどを操り、イベントレースで常勝を誇ったドゥカティ・マスター。各地のサーキットで獲得した様々なタイトルと塗り替えた数々のコースレコードを認められ、2009年に国際A級に特別昇格。MFJ公認インストラクターであり 『DUCATI BIKES』 誌メイン・インプレッション・ライダーでもある。