VIRGIN DUCATI | ハイパーモタード1100EVO DUCATI購入ガイド

ハイパーモタード1100EVO

ハイパーモタード1100EVOの画像

Hypermotard 1100 EVO

ハイパーモタード1100 系の
スタンダードモデル

ハイパーモタード1100シリーズは、2007年に登場しました。しかしながら、日本に輸入されたのは上位モデルである ハイパーモタード1100S のみ。これは、DLC コートフロントフォーク、オーリンズ製のフルアジャスタブルリアサスペンション、マルケジーニ製の鍛造ホイール、フロントブレーキにラジアルマスター&ラジアルマウントモノブロックキャリパーを備えた豪華&高額モデルです。

標準モデルの日本導入は、『デスモドゥエ 1100 エボルツィオーネ』エンジンを搭載してモデルチェンジを行なった 2010年、今回紹介するハイパーモタード1100EVO が “初” でした。同時デビューのハイパーモタード1100EVO SP は、それ以前と同様にオーリンズ製リアサスペンションやマルケジーニ製の鍛造ホイール、モノブロックフロントブレーキキャリパーなどを採用する上位モデルですが、このハイパーモタード1100EVO はそれらを省略しつつも、必要にして十分な装備を持つ “スタンダードモデル” です。2010年&2011年はレッドとブラック、2012年はレッドのみをラインナップしていました。

ハイパーモタード1100EVOの画像
ハイパーモタード1100シリーズ唯一のスタンダードモデル。2010年&2011年はレッドとブラック、2012年はレッドのみをラインナップ。

モデルラインナップ期間年表

ハイパーモタード1100S ハイパーモタード1100EVO ハイパーモタード1100EVO SP
2007      
2008      
2009 パールホワイト 追加    
2010      
2011      
2012      

当時の思い出話

オーリンズでなくても人気
空冷+乾式クラッチが好きなら “買い”

かつては車種を問わず、ドゥカティ=オーリンズサスペンションというイメージで、それが付いた上位モデルが圧倒的に人気でした。しかし、ハイパーモタード1100EVO がデビューした 2010年ごろからは、世間の流れが「別にオーリンズでなくてもいいかな」となってきます。もともとの足まわりパーツの性能が上がってきたこと、高級装備よりも価格差を選ぶユーザーが増えてきたことがその理由です。それを反映しているのかどうかは定かではありませんが、2014年の現行ラインナップでもオーリンズサスペンションを備えるのは 1199パニガーレSと 1199パニガーレR、1199スーパーレッジェーラ、モンスター1200S の4モデルだけ。また、上位モデルのハイパーモタード1100EVO SP のシート高が非常に高く、足つき性が良くなかったこともあり、ハイパーモタード1100EVO も人気がありました。

人気があったとはいえ、新車販売台数は多くなかったので、中古車も少なめです。2013年に水冷エンジンへとスイッチ したことで、空冷エンジン車の市場価格も上昇しています。そのため、空冷エンジン+乾式クラッチとこのデザインが好きという方は、購入をお急ぎください。シンプルな車体はトラブルが少なく、カスタムベースにもぴったりです。その一方で、やはり中古車価格の高騰を考えると、どうしてもほしいという場合を除いては “待ち” や “他モデル” をおすすめします。

ハイパーモタード1100EVOの画像
このころからオーリンズや高級パーツ非装着のモデルを選ぶユーザーが増えてきており、スタンダードモデルであるハイパーモタード1100EVO も人気がありました。カスタムパーツもマイナーな海外ブランドが選ばれるようになりました。
ハイパーモタード1100EVOの画像
水冷エンジンモデルの登場以降、中古車価格は上昇中。ほしい方は購入をお急ぎください。(2014年6月時点)

価格・スペック(2010年モデル)

記載の車両情報や価格表記はメーカー発表当時のものです。
最新の車両情報に関してはメーカー公式サイトをご確認ください。
スペック情報は万全な保証を致しかねます。実際に購入される場合はDUCATI正規ディーラーへお問い合わせください。
全長
2,120mm
全高
1,155mm
シート高
845mm
ホイールベース
1,465mm
乾燥重量
172kg
キャスター角
24°
フレーム形式
スチールパイプトレリスフレーム
燃料タンク容量
12.4リットル
乗車定員
2名
フロントサスペンション
マルゾッキ製50mmフルアジャスタブル倒立フォーク
フロントホイールトラベル
165mm
フロントホイール
5本スポーク軽合金ホイール 3.50×17
フロントタイヤ
120/70ZR17
フロントブレーキ
305mmセミフローティングダブルディスク ブレンボ製4ピストン2パッドラジアルマウントキャリパー
リアサスペンション
プログレッシブリンク ザックス製フルアジャスタブルモノショック
リアホイールトラベル
141mm
リアホイール
5本スポーク軽合金ホイール 5.50×17
リアタイヤ
180/55ZR17
リアブレーキ
245mmディスク 2ピストンキャリパー
エンジンタイプ
L型2気筒 2バルブデスモドロミック 空冷
排気量
1,078cc
ボア×ストローク
98mm×71.5mm
圧縮比
11.3:1
最高出力
69.9kW – 95HP/7,500rpm
最大トルク
103Nm – 10.5kgf・m/5,750rpm
燃料供給方式
シーメンス製電子制御燃料噴射 45mmスロットルボディ
排気システム
軽量2-1-2システム O2センサー×2 触媒
トランスミッション
6速
クラッチ形式
乾式多板 油圧作動
新車価格
149万円
取材協力

ドゥカティ東京大田、ドゥカティ埼玉南と合わせて3店舗のドゥカティストアーを運営するキズキグループの中心ショップ

住所/神奈川県横浜市緑区長津田町5799
定休日/毎週月曜、第2・4火曜
営業時間/10:00~19:00
TEL/045-924-4401

関連する記事