VIRGIN DUCATI | ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポート トピックス

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポート

  • 掲載日/2021年04月13日【トピックス】
  • 取材協力/日本自動車輸入組合 写真/小松 男・バージンドゥカティ編集部 文/小松 男
ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートのメイン画像

ニュームルティストラーダV4Sから始まる2021モデル攻勢‼

去る2021年4月7日(水)~8日(木)に大磯プリンスホテルのロングビーチ駐車場にて開催された第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会。2年ぶりの開催となったこのイベントは、インターネットや雑誌媒体など様々なメディア関係者に向けて行われる試乗および展示会であり、ドゥカティやBMWモトラッドをはじめ、ハーレーダビッドソン、トライアンフなど世界各国の主要バイクブランドの最新モデルに触れることができるものだ。今回はその中のドゥカティブースをフィーチャーする。

新型コロナウイルスの影響で昨年のEICMA(ミラノショー)は中止となってしまったが、そのような中でもドゥカティはインターネットを通じて世界各国へ向けてニューモデル発表イベントを5回に分けて開催した。その内容は、ニュームルティストラーダV4、Xディアベル及びスクランブラー、スーパースポーツ950とパニガーレV4SP、ニューディアベル1260ランボルギーニ、ニューモンスターというものであり、その内容は相変わらずドゥカティの勢いを感じさせるものだった。そして今回のイベントに間に合ったのはニュームルティストラーダV4Sであり、6軸センサーやレーダーを利用した車両追尾装置をバイクで世界初採用し注目を浴びている。毎年ニューモデルやアップデートが盛んに行われるドゥカティは、最新モデルが最良なのだ。

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの01画像

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの02画像

もはやセグメント分けをするのも難解なほど、マルチなキャラクターへと進化したニュームルティストラーダV4S。超強力なV4エンジンを搭載し、足まわりをセミアクティブサスペンションや周囲の車両をセンシングするアダプティブ・クルーズ・コントロールやブラインド・スポット検知などを行うレーダーを前後に備えるなど、スポーティかつセーフティな一台となっている。

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの03画像

伝統的なLツインエンジンを採用するパニガーレV2。パニガーレV4モデルと比べコンパクトでスリム、そして軽量なため、よりシャープな印象を受ける。フルカウルロードスポーツモデルは、このパニガーレV2、フラッグシップモデルにあたるパニガーレV4、さらに2021年モデルでニュースーパースポーツ950が加わり、すべて出そろうことになる。

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの04画像

独自の世界観を色濃く持つハイパーモタード950SP。初期モデルと比べかなり扱いやすくなったが、一方で凶暴さは増しており、ダイナミックかつ快活なスポーツライディングを楽しめる。シート高は890mm(スタンダードモデルは870mm)、多くのライダーが躊躇してしまうような高さだが、だからこそ乗りこなした時の気分は最高なのである。

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの05画像

399cc空冷Lツインエンジンを採用しており、普通二輪免許でも乗ることができるスクランブラー・シックスティ2。スクランブラーシリーズならではのビンテージ感を持つポップなスタイリングと、扱いやすいキャラクターは、輸入二輪車のエントリーモデルとしても最適。セカンドバイクとしても人気が高い。

スクランブラー1100スポーツプロ プチインプレッション

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの06画像

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの07画像

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの08画像

ドゥカティ スクランブラー1100スポーツプロのプチインプレあり!第6回JAIA輸入二輪車試乗会・展示会 ドゥカティレポートの09画像

スクランブラー1100スポーツプロの試乗を行った。スタンダードシリーズが803ccエンジンを採用しているのに対し、こちらは排気量1079ccの空冷Lツインエンジンを搭載。低回転から多大なトルクを発生し、スロットルをワイドオープンすればいとも簡単にフロントタイヤの接地感はなくなる。私は以前モンスター1100Sに乗っていたことがあるのだが、その頃と比べアクセルレスポンスが格段に向上し扱いやすくなっているのも魅力に感じる。フロント18インチ、リア17インチのタイヤサイズはオンオフ問わずそつなくこなすベターバランスであり、未舗装路にも足を踏み入れたところ、大きな体躯でありながらもコントロールしやすかった。前後オーリンズでまとめられた足まわりもライディングをより楽しいものとしてくれるポイントだ。

バイク買取&乗り換えガイド